インプラントと他の治療法との比較

左下の奥歯が2本無くなってしまったケースで、インプラントとそれ以外の治療の方法について比較してみましょう。

 

治療法を考えると、以下の方法があります。

 

インプラントによる治療
インプラントによる治療

 

 

 

 

歯の欠損した部分にインプラントを2本入れて被せをする方法。

手術の必要がありますが、前後の歯を削らないで済む事と

自分の元の歯のようにに一番近くの咬める事と、他の歯を

守れる事が最大の利点です。

ブリッジによる治療
ブリッジによる治療

 

 

 

 

ブリッジによる治療。

欠損した前後の歯を削り、被せ物で繋げます。

歯を削るリスクはありますが、セメントで固定するため取り外しの

煩わしさがないのが利点です。

義歯(入れ歯)による治療
義歯(入れ歯)による治療

 

 

 

 

取り外し式の義歯(入れ歯)による治療。

入れ歯を安定させるために、欠損した前後の歯と反対側にクラスプ(金属の針金)をかけます。

装置が大きくなるため、針金をかける歯に負担がかかります。お口の中の違和感は上記の治療法に比べ最大ですが、歯を削ることも少なくインプラントのような手術が必要無い事が利点です。